なぜ髪が抜けるのか?

  1. 2012/12/15(土) 11:25:32|
  2. 薄毛 対策|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)



私達の髪の毛は、1つの毛穴から3本、または、5本生えていますのですが、毎日自然に脱毛と発毛が繰り返し行われていて、約3年〜6年間髪の毛は伸び続けると言われています。

そして、抜け毛の本数がおおよそ一日に50〜60本であれば、正常な脱毛です。

それでは、何故髪の毛は抜けるのでしょうか?

髪の毛は常に生長を続けているのではなく、一定期間生長を続けたら、今度は退行期や休止期をむかえます。

退行期・休止期の間に毛根の角化が進行していき、毛根が完全に角化することで、髪の毛が抜け落ちていくみたいですよ。

これが発毛周期という物です。

若い頃には生長期の髪の毛が85%を占めており、休止期の髪の毛が15%の割合を占めているのですが、30〜35才のピークの時期を過ぎると、年齢を重ねると共に、生長期の髪の毛の割合が減少していきます。

また、生長する期間も3〜6年ではなく、段々と短くなっていくので、髪の毛の質も太い物から柔らかい物へと変化し、毛量が薄くなった印象を受けるのです。

昔はもっと伸びたのに、なかなか伸びなくなったなんてこともあるようです。

これは年をとっていくのにつれて現れる正常な働きです。

でも、他の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)によって抜け毛が見られる可能性もあるかもしれません。

例えば、仕事などでストレスが溜まり、血流が悪くなると、ホルモンや皮脂が過剰に分泌されるようになります。

そうなると、髪の毛の生長サイクルもバランスを崩してしまい、異常な脱毛を起こすことがあるのです。

また、ホルモン・皮脂(過?に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)の分泌だけでなく、ビタミン不足なども異常脱毛の原因になることがあります。










<PR>
薄毛を改善させる方法!薄毛の対策はコレ!
腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!

効果のある頭皮マッサージのやり方

  1. 2012/10/11(木) 11:25:32|
  2. 薄毛 対策|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)



育毛するためには、頭皮マッサージが有効と呼ねれています。

そもそも、頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)皮マッサージとは、頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)皮の血行の促進を促す為にとても有効な方法です。

頭皮を元気にすることで、頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)皮に栄養が行き渡るようになり、髪全体にも艶が出てきます。

脱毛を防ぐ効果もあります。

それでは、効果的な頭皮マッサージのやり方にはどういったものがあるのでしょうか?

間違ったマッサージ方法は、逆に頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)皮を痛め、抜け毛の原因になりかねませんから注意が必要ですね。

それに、いくらマッサージが良いといっても、毎日毎日行うのでは大変です。

そこで、毎日髪を洗う時にマッサージ(フランスで生まれたといわれていますが、バリやハワイのものも人気ですし、韓国やタイのものもあります)を取り入れるようにします。

その方が習慣にしやすいでしょう。

その方法としては、髪を全体的に濡らしてからシャンプーを付けます。

五本の指の腹を使って、耳付近から頭のてっぺんまで、優しく押す感じで行うようにします。

マッサージはやりすぎると逆効果ですから、3回程度にしておきましょう。

頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)皮マッサージ(厚生労働省の定義では、「体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為」なんだそうです)はなかなか難しいなと感じたら、美容院に行った時に頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)皮マッサージをお願いしてみるのもおすすめです。

美容(お金と時間がかかってしまいますが、かけただけの成果は出ることが多いものです)院によってサービスでやってくれることもありますよね。

実際にやってもらうと、コツがわかりますから、自分でやる時の参考になりますよ。

また、薄くなっている部分を刺激すると、逆に頭皮を痛めてしまう原因になるようなので、気を付けてください。

その時は何もしない方が無難です。

正しいマッサージを行うことで、頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)皮が元気になり、育毛効果も上がることでしょう。










<PR>
アコースティックギター 初心者の練習方法
口下手を治す方法!口下手を克服させるには?

発毛のメカニズムについて!

  1. 2012/09/10(月) 11:25:32|
  2. 薄毛 対策|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)



髪の毛は胎児(積極的に良い影響を与えようとするのが胎教ですね)の時に皮脂腺や汗腺と共に発生し、皮膚(キレイだと男性に好?象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)の一部が変化して出来た物と言われています。

発毛のメカニズムは、胎児の時に皮膚が陥没して毛包が造られることが始まりになります。

毛包が可能だと毛包の下にある毛母細胞が細胞分裂を行い、ケラチンというタンパク質(体の20%を構成しており、不足すると基礎代謝が低下しますし、体調に不具合が生じるでしょう)によって髪の毛が形成されていくはずです。

その細胞分裂が繰り返し行われることによって髪の毛は生長していくのですが、生長に必要なアミノ酸は毛細血管によっては運ばれます。

髪の毛には発毛周期というものがあるのですが、これが男性は3〜5年、女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)は4〜6年と言われています。

髪の毛は、最初は細く柔らかい物で、その後、段々と太くコシのある硬い髪の毛へと生長します。

年齢と共に太くなっていきますが、10代になれば成人とほぼ同じになるでしょう。

髪の毛の生長が終わると、やがて古い髪の毛は抜け落ち、新しい髪の毛となる毛芽が発生し、また新しい髪の毛の生長が始まるのです。

一般的には、3、4年〜6、7年前後で自然脱毛と発毛を繰り返しているのです。

年齢と共に髪の毛は変化していくものですが、ストレスやそれ以外にも何かの原因や病気がある場合は、その発毛周期が上手く一定化していかなくなります。

そのような状態が長く続くことで抜け毛も多くなり、髪の毛が薄いと言う状態を作り出すことになるのです。

毎日自然に脱毛していく分には、特に問題はありません。

自然な脱毛の目安としては、一日に約50〜60本程度です。










<PR>
ムダ毛処理の方法!自分でムダ毛を処理するには?
英語を覚える方法!英語を話すには!

髪の毛に良い食事とは?

  1. 2012/08/25(土) 11:25:32|
  2. 薄毛 対策|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)



育毛するにあたって、食生活をよくなる場合は必要不可欠でしょう。

食生活を改善しないと、せっかくの育毛の効果も薄くなってしまうでしょう。

マッサージや育毛剤の効果も充分には得られないでしょう。

それでは、育毛に良い食事にはどんなものがあるのでしょう?

髪に良い食事と言えば、ひじきやもずくなどの海草類を思いつきますよね。

でも、大切なのはバランスの取れた食事です。

主食・主菜・副菜などをきちんと摂ることが髪の毛に良い食事に繋がるのです。

まず、髪にはタンパク質がたくさん含まれています。

そのたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)はケラチンと呼ばれているのですが、主にどのような食物に含まれていると思いますか?

一般的には、牛乳(その名の通り、牛のお乳です。苦手だという方も少なくないですね)・魚・肉・大豆・卵などに多く含まれています。

摂りすぎはよくないですが、日頃の食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)に取り入れていく必要があるでしょう。

タンパクと共に一緒に摂ってもらいたいのが、ミネラルです。

海藻は特にお勧めです。

その他、山芋やオクラなどといった山菜も良いのでしょう。

もう一つ忘れてはいけないのが、ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)類です。

にんじんやほうれん草などの緑黄色野菜(有色野菜とも呼ねれ、油と一緒に摂取することで、カロテンの吸収率があがります)に多く含まれます。

どれも偏食をしてたくさん食べ過ぎるのは問題ですが、上手く組み合わせて食べることにより、育毛に良い結果を生むと思われます。

いつもの食生活を振り返ってみて、髪にいいと言われている食材をどんどん取りこみいきましょう。

しかし、あくまでも大切なのは、規則正しい生活とバランスの良い食と言う事になります。










<PR>
汗をかかない方法!多汗症を改善させるには?
【汗っかき 対策】 汗っかきを治す方法は?

植毛、増毛の手術は危険なのか?

  1. 2012/07/14(土) 11:25:32|
  2. 薄毛 対策|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)



育毛とはまた違った意味を持っているのが、植毛や増毛です。

植毛や増毛は、抜け毛や薄毛でお悩みの方にとって夢のような方法に見えると思いますが、実は様々な危険も潜んでいらっしゃいますからす。

いわゆるウィッグやカツラが昔から一般的な増毛でしたが、近頃では技術が発達し、植毛という増毛方法もあります。

これは頭皮に髪の毛を直接植えつけていく方法なのですが、この植毛にも二つ方法があり、「人工植毛」と「自毛植毛」に分かれると言われています。

人工植毛はナイロンか化学合成繊維で出来た人工の毛を頭皮を植えつけるのですが、麻酔が必要な手術になります。

一度植えつけてしまったらそこから取り除くことは不可能ですし、手術の際に頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)皮を傷つけてしまう可能性さえもあるでしょう。

さらに、人工の毛を植えつけたことで体の免疫機能が作用し、拒絶反応を起こして、頭皮に炎症(炎症の症状として考えられるものに、熱感、腫脹、疼痛、発赤があり、炎症の四徴候と呼ねれています)が起こってしまうケースってありますよね。

危険性があるのは人工植毛だけでなく自毛植毛でも同じです。

後頭部や側頭部の毛髪から毛根を採取して、現在毛髪の薄い部分に植えるという外科手術です。

こちらも人工植毛と同じく麻酔をかけて行うので、それなりのリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)があります。

一時的には毛髪の量が多くなったようには見えるものの、それは本当に一時的なもの。

やはり、頭皮を傷つけているので、育毛にはなっていないのです。

時間が経てばその植えた部分も退化し、毛髪が抜けていくでしょう。

増毛や植毛を考える前に、頭皮の状態を保つ何か良い方法を見つけたり、生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)を改善していく事をおすすめします。










<PR>
FXのスワップとは?初心者がFXで勝つ方法!
面白い男はモテる!簡単に彼女を作る方法!

次のページ